So-net無料ブログ作成
「温泉ソムリエ」・「温泉旅人」 ブログトップ
前の15件 | -

湯畑周辺散策☆草津温泉☆東の横綱☆多種多様な源泉巡り [「温泉ソムリエ」・「温泉旅人」]

草津温泉。

日本三名泉の一つとして数えられる。江戸時代の温泉番付では当時の東日本の最高位に格付けされた、日本を代表する名泉の一つだ。

恋の病以外は何でも治ると言われる草津温泉、一言に草津温泉といっても、源泉は多種多様にあります。

IMG_7211-s.jpg

言わずと知れた草津温泉街の中心部に湧く源泉である「湯畑」、周囲がロータリー状に整備されている。デザインは当時の町長のホテルに投宿した岡本太郎が手がけ、工事の際に昔の囲いは撤去された。湯が滝のように湧き出る光景は全国的にも数少なく、夜間のライトアップで湯畑を演出する催しも期間限定で行われ、観光客の目を楽しませている。最後の滝になって落ちる箇所には、かつて「大滝乃湯」(現在は町営温泉施設の名にされている)と呼ばれる共同湯があり、1960年頃に取り壊されるまでは草津で唯一、番台のある「滝の湯」があった。温泉街には熱の湯、地蔵(じぞう)の湯・白旗(しらはた)の湯・煮川(にかわ)の湯、千代の湯など大小様々の源泉がある。しかし、千代の湯源泉は当時の町長(上記同人)時代に取り壊された結果、源泉は隣接する大阪屋旅館地下に湧出。そのため、その後は湯畑から引湯している。なお、湯畑をはじめとする草津温泉の各源泉には緑色の湯垢のようなものが散見されるが、それはイデユコゴメなどの温泉藻である。

IMG_7286-s.jpg

湯畑からお寺の階段方向に向かった隅に「白旗湯畑」がある。源頼朝が発見したと言い伝えられている源泉である。湯畑横の共同浴場「白旗の湯」では気軽に楽しむこともできる。

IMG_7267-s.jpg

湯畑から少し入った所にあるのが「地蔵湯畑」、側には名前の通り地蔵堂がある。2006年4月に建て替えられた。ここには足湯、共同浴場と共に湯治専門の時間湯もある。

IMG_7273-s.jpg

道路を挟んだとこには、散歩道も。足つぼが痛い。。。

IMG_7937-s.JPG

温泉街西側の荒原地帯に湧く源泉の総称で、一帯には遊歩道が整備されて気軽に温泉が湧出する様子を観察できるようになっている。

IMG_7242-s1.jpg

多くの町民も西(にし)を(さい)と誤読しているが、ここには町営の「西の河原露天風呂」がある。ここの湯は後述する万代鉱源泉から引いたものである。 賽の河原はここと、地蔵地区と2箇所をそう呼んだ。どちらも地蔵がある。

IMG_7941-s.JPG

以前は西の河原の向かって右の河原にはチャツボミゴケ(地元では見た目でマリゴケと呼んでいた)が生息していたが、一時期の開発の影響により現在は見られない(奥草津に見ることができる)。

IMG_7224-s.jpg

某旅館の独自源泉。足湯が出来るようになってます。以前、宿泊したことがありますが、宿泊のお客様だけではもったいないぐらいの立派な風呂が印象的でした。

IMG_7933-s.JPG

ガラス工房の店頭で温泉卵のデモンストレーションをしながらの販売。こちらの温泉も独自源泉だそうだ。(入浴は出来ませんが。。)

IMG_7930-s.JPG

草津と言えば、饅頭の売り込みが有名ですが、煎餅をかじりながら、散策するものありだと思います。

【厚木市在住の温泉ソムリエによる関東近郊温泉施設を中心とした地域情報を紹介するホームページのご案内】
東京都狛江市生まれ、静岡県浜松市育ち、しばらく東京都三鷹市で過ごし現在神奈川県厚木市に在住の温泉ソムリエであるサラリーマンが提供する厚木市を中心とした地域情報、関東近郊の秘湯・名湯・日帰り温泉・旅館等の温泉施設情報のご案内はこちら→
env_logo_3.gif
【ツイッターやってます!フォローお願いします!!】
【フェイスブックでも仲間になりましょう!】
tokyo2020.gif

★『旅館たむら』の温泉[永楽の湯]の源泉は、数ある草津温泉の源泉の中でも効能名高い源泉【地蔵の湯】を使用しております。肌にやさしく、きめ細やかな酸性が特徴の泉質です。源泉【地蔵の湯】は宿のすぐ隣の源泉所から噴出し、宿に直引きしております。つまり、生まれたてホヤホヤの【地蔵の湯】源泉を草津温泉の中でも一番近くでご体感頂ける湯宿です。★


nice!(16)  トラックバック(0) 

御座之湯☆♪草津ぅ~よいと~こ~いち~どは~おい~で~♪☆東の横綱☆最強の温泉地・草津温泉☆ [「温泉ソムリエ」・「温泉旅人」]

先日の自身のブログを見ながら、草津温泉への想いが改めて込み上げてまいりました。

これまで、少なくとも年に1回は、家族で遊びに行ってました。

IMG_4983-s.JPG

数年前になりますか、江戸、明治にかけて湯畑周辺には「御座之湯、綿の湯、かっけの湯、滝の湯、鷲の湯」という5つの共同湯があり、その中のひとつでもある「御座之湯」を再建しようという動きがありました。建築前からの現場の様子を簡単ですが、ご案内させて頂きます。

IMG_4984-s.JPG

「御座之湯」は源頼朝にゆかりがあるとされ、当時頼朝公が三原野に狩りに来た際に腰をかけた(御座りになった)石がこの地にあった事から、この名前が付いたという説もあるそうで、下記のパンフレット写真のような温泉施設の計画が案内されてました。

IMG_5623-s.JPG

基礎工事もほぼほぼ、終わっている頃合いでしたね。

IMG_5632-s.JPG

湯畑に隣接して、新スポットが誕生した時でした。オープンから1週間ほど、お試しということで、無料での入浴案内をしてましたので、ありがたく頂いて参りました。

IMG_7317-s.JPG

千年以上も昔から多くの人々に愛され続けている草津温泉。その草津温泉のシンボルでもある湯畑に再現された「御座之湯」。

IMG_7295-s.JPG

冬住みをしていた江戸~明治の建物を木造にこだわり、杉板を使用したとんとん葺きの屋根を特徴とし、漆喰の壁からも当時の趣が漂います。

IMG_7310-s.JPG

休憩所もありますので、風呂上りに寛げる。

IMG_7297-s.JPG



【厚木市在住の温泉ソムリエによる関東近郊温泉施設を中心とした地域情報を紹介するホームページのご案内】
東京都狛江市生まれ、静岡県浜松市育ち、しばらく東京都三鷹市で過ごし現在神奈川県厚木市に在住の温泉ソムリエであるサラリーマンが提供する厚木市を中心とした地域情報、関東近郊の秘湯・名湯・日帰り温泉・旅館等の温泉施設情報のご案内はこちら→
env_logo_3.gif
【ツイッターやってます!フォローお願いします!!】
【フェイスブックでも仲間になりましょう!】
tokyo2020.gif

★『旅館たむら』の温泉[永楽の湯]の源泉は、数ある草津温泉の源泉の中でも効能名高い源泉【地蔵の湯】を使用しております。肌にやさしく、きめ細やかな酸性が特徴の泉質です。源泉【地蔵の湯】は宿のすぐ隣の源泉所から噴出し、宿に直引きしております。つまり、生まれたてホヤホヤの【地蔵の湯】源泉を草津温泉の中でも一番近くでご体感頂ける湯宿です。★


nice!(19)  トラックバック(0) 

東の横綱☆最強の温泉地・草津温泉☆無料の共同浴場☆煮川の湯☆大滝の湯☆ [「温泉ソムリエ」・「温泉旅人」]

IMG_4999-s.JPG

ところで、私は温泉が大好きです。

ぼちぼち、夏休みに家族で遊びに行く計画をたてようといった時期になりましたが、昨年は東の横綱、草津温泉に行ってたなぁと思い出しました。

IMG_5000-s.JPG

中央ターミナルの足湯は、バスの待ち時間にちょうど良いですね。

IMG_5687-s.JPG

草津温泉の良さは、多種多様な18か所の無料の共同浴場。

そのうちの一つ、地蔵通りと滝下通りの交差点のすぐ近くにここ「煮川の湯」があります。源泉のすぐ上にあるので、大量のお湯が止めどなく溢れています。

IMG_5614-s.JPG

この浴場の裏手には湯気を上げるタンクがあり、お湯が大量に湧いているのを見ることが出来る。

IMG_5688-s.JPG

浴場は男女別に3,4人が浸かれるくらいの浴槽が一つずつ、木の湯溜めに湯を流し込み、適温に冷ました湯を湯船に流し込もうとする造りのようだが、なんせ湯が大量に流し込まれるので、かなり熱め。

IMG_5689-s.JPG

木造の湯船は肌に心地良く、ほんのりと濁った湯を楽しめる。

IMG_5001-s.JPG

ここの源泉から湧く湯は近くの温泉デパート「大滝の湯」に引かれているくらいだそうで、この煮川の湯源泉をじっくりと味わえるのはここの共同浴場くらいだそうだ。

IMG_5002-s.JPG

湯量も豊富で、大量に湯船に流されているので、新鮮な湯を楽しめ、半地下の浴場では昔ながらの共同浴場の風情を楽しめる。

IMG_5004-s.JPG

これまで、家族を散々草津まで連れてったなか、子ども達は、もういっぱい行ったから、たまには他の所に行きたいと。。。せっかく、さがみ縦貫道路の「愛川~高尾」間が今週末に開通となり、厚木から草津まで、ぐぅっと近くなったと言うのに。。家族会議です。。。

【厚木市在住の温泉ソムリエによる関東近郊温泉施設を中心とした地域情報を紹介するホームページのご案内】
東京都狛江市生まれ、静岡県浜松市育ち、しばらく東京都三鷹市で過ごし現在神奈川県厚木市に在住の温泉ソムリエであるサラリーマンが提供する厚木市を中心とした地域情報、関東近郊の秘湯・名湯・日帰り温泉・旅館等の温泉施設情報のご案内はこちら→
env_logo_3.gif
【ツイッターやってます!フォローお願いします!!】
【フェイスブックでも仲間になりましょう!】
tokyo2020.gif

★『旅館たむら』の温泉[永楽の湯]の源泉は、数ある草津温泉の源泉の中でも効能名高い源泉【地蔵の湯】を使用しております。肌にやさしく、きめ細やかな酸性が特徴の泉質です。源泉【地蔵の湯】は宿のすぐ隣の源泉所から噴出し、宿に直引きしております。つまり、生まれたてホヤホヤの【地蔵の湯】源泉を草津温泉の中でも一番近くでご体感頂ける湯宿です。★


nice!(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

草津温泉☆地蔵の湯☆千代の湯☆時間湯 [「温泉ソムリエ」・「温泉旅人」]

ちょっと前になりますが、群馬県の草津温泉に行ってきた記録をブログに残していませんでした。

まずは、町内に18ヵ所ある無料の共同浴場の一つ、「地蔵の湯」。

IMG_4941-s.JPG

敷地内には、足湯もあります。

IMG_4942-s.JPG

中心街から少し離れており、人通りもあまりあるわけではないのだが、浴場にはかなりの人の出入り。ここの湯を目当てに草津を訪れる人も多いそうで、その人気源泉が無料で味わえると言われれば、混雑してしまうのも仕方がないのか。 共同浴場の隣には、地蔵の源泉湯畑があり、温泉の湧き出る様を間近で見ることが出来る。また、名前の由来は修研常楽院寺の境内にあったということで、今でも旅人を見守ってくれている全国でも座ってる地蔵は珍しいと言われる地蔵があるためだ。

IMG_4945-s.JPG

草津温泉の伝統的な入浴方法である「時間湯」を体験出来る共同浴場が、ここ「千代の湯」です。

IMG_4987-s.JPG

★「時間湯」の体験内容

●湯揉み・・・長さ2m、幅30cmの松材の板を湯船に深く差して、草津節か、草津小唄、草津揉み唄に合わせて湯を揉む。(1)湯の温度を適温まで下げる(2)入浴前の準備体操の効果(3)湯を揉むことにより、湯気が立ち、それを吸い込むことで適度に肺を刺激し、掃除して血液の浄化機能を高める。

●湯かぶり・・・手桶で30~40杯の湯を頭にかける。(1)温度の熱さを頭で覚えさせる。(2)かぶった湯の湯気や雫が自然に口から消化器系統にも入り、適度に胃を刺激し、廃棄排泄作用をする

●3分間の入浴・・・湯長の号令により、みんなで一斉に入る。湯長の指導や気づかい、そして「みんなと一緒」がなければ続かない。
 
●蒸しタオル・・・上がったあと蒸しタオルをかけてもらう。タオルをかけてもらってからの5分間は、汗が滝のように噴き出る。この汗を出し切ることが重要である。

IMG_4989-s.JPG


【厚木市在住の温泉ソムリエによる関東近郊温泉施設を中心とした地域情報を紹介するホームページのご案内】
東京都狛江市生まれ、静岡県浜松市育ち、しばらく東京都三鷹市で過ごし現在神奈川県厚木市に在住の温泉ソムリエであるサラリーマンが提供する厚木市を中心とした地域情報、関東近郊の秘湯・名湯・日帰り温泉・旅館等の温泉施設情報のご案内はこちら→
env_logo_3.gif
【ツイッターやってます!フォローお願いします!!】
【フェイスブックでも仲間になりましょう!】
tokyo2020.gif

★『旅館たむら』の温泉[永楽の湯]の源泉は、数ある草津温泉の源泉の中でも効能名高い源泉【地蔵の湯】を使用しております。肌にやさしく、きめ細やかな酸性が特徴の泉質です。源泉【地蔵の湯】は宿のすぐ隣の源泉所から噴出し、宿に直引きしております。つまり、生まれたてホヤホヤの【地蔵の湯】源泉を草津温泉の中でも一番近くでご体感頂ける湯宿です。★


nice!(17)  トラックバック(0) 

馬曲温泉☆望郷の湯☆雪見露天風呂正月☆スキー☆スノボー [「温泉ソムリエ」・「温泉旅人」]

最近、そういえば、このブログのタイトルに反して、温泉に一切触れていなかったことに気づきました。。。

IMG_4252-s.jpg

お正月にこんな雪国に行ってきました。

10年以上前にも行った事があるのですが、長野県の木島平、馬曲温泉:望郷の湯に行ってきました。

IMG_4245-s.jpg

高台に位置するこの施設は、その名の通り、眺望が素晴らしいのですが、この日はあいにくちょっと吹雪いてまして、眺望はおあずけ。

またの機会の楽しみとなりました。

IMG_4244-s.jpg

露天風呂と木造の内湯があるのですが、どちらも異なる趣きで心地よい。

この周辺の観光ガイドには必ずといって紹介されているこの施設ですが、訪問する価値はあると思います。

【温泉ソムリエによる関東近郊温泉施設を紹介するホームページのご案内】
東京都狛江市生まれ、静岡県浜松市育ち、しばらく東京都三鷹市で過ごし現在神奈川県厚木市に在住の温泉ソムリエであるサラリーマンが提供する厚木市を中心とした関東近郊の秘湯・名湯・日帰り温泉・旅館等の温泉施設情報サイトはこちら→
env_logo_3.gif
【ツイッターやってます!フォローお願いします!!】
【フェイスブックでも仲間になりましょう!】

★北信州の高社山北斜面に広がるスキー場。初心者から上級者向けの全10コースがあり、幅250mもあるメインのスカイコースをはじめクロスカントリーコースやトレーニングバーンなどバラエティ豊かに揃う。★


nice!(2)  トラックバック(0) 

たぬき☆あつぎ飯山元湯旅館☆日が沈むと肌寒くなってきましたね。 [「温泉ソムリエ」・「温泉旅人」]

クールビズも終わり、すっかり朝夕は寒いぐらいですね。

スーツを準備するのと合わせて、冬物を準備です。

IMG_1460-s.jpg

あつぎ飯山温泉元湯旅館」さんのシンボルとなっている「たぬき」のロゴマーク入りのジャンパーです。

IMG_1459-s.jpg

重宝しそうな季節の到来です。

【温泉ソムリエによる関東近郊温泉施設を紹介するホームページのご案内】
東京都狛江市生まれ、静岡県浜松市育ち、しばらく東京都三鷹市で過ごし現在神奈川県厚木市に在住の温泉ソムリエであるサラリーマンが提供する厚木市を中心とした関東近郊の秘湯・名湯・日帰り温泉・旅館等の温泉施設情報サイトはこちら→
env_logo_3.gif
【ツイッターやってます!フォローお願いします!!】
【フェイスブックでも仲間になりましょう!】


るるぶ厚木市伊勢原市秦野市 (るるぶ情報版―関東)

るるぶ厚木市伊勢原市秦野市 (るるぶ情報版―関東)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: JTBパブリッシング
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: ムック



★神奈川県は厚木の奥座敷にあり、都心から60分とアクセスの非常によい飯山温泉郷。都心にお住いの方のショートトリップや、日帰り温泉のご利用の大変多い温泉郷です。 元湯旅館は、全国トップの強アルカリ泉で美肌の湯として知られている老舗旅館。お部屋までの小道、温泉へとつながる廊下は、さながら城下町を彷彿とさせます。pH11.3の強アルカリ泉は、全国トップで「美肌の湯」として、女性のお客様に大変お喜び頂き、お肌の敏感な赤ちゃんにも安心してご利用頂ける元湯旅館自慢の泉質です。★


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

樹園☆合宿や研修、週末は家族連れが最適な施設☆山梨県☆峡中エリア [「温泉ソムリエ」・「温泉旅人」]

IMG_2710-s.jpg

見たところ、合宿等で利用されているんだろうと感じる雰囲気。

宿泊等や食堂の雰囲気もそんな様子。

また、土曜日の夜には、敷地内の天体観測施設が開放されますので、お子様と一緒に、いつもと違った感動を味わえると思います。これはおすすめですね。

IMG_2711-s.jpg

さて、お目当ての風呂場はタイル張りで、温度を42度ほどから、源泉温度となる36度までの3段階に分けた浴槽が男女それぞれにあります。

源泉温度の36度にじっくりと浸かりながら、ちょっと熱い湯に入り、のぼせそうになったら、また、ぬるい湯に。といった繰り返しの入浴が結構好きです。

PH8.0のアルカリ泉は、若干の硫黄の香りと、塩の味も感じる、個性たっぷりの湯が毎分150リットル以上、汲み上げられており、豊富な湯量をガッツリと味わえます。

【温泉ソムリエによる関東近郊温泉施設を紹介するホームページのご案内】
東京都狛江市生まれ、静岡県浜松市育ち、しばらく東京都三鷹市で過ごし現在神奈川県厚木市に在住の温泉ソムリエであるサラリーマンが提供する厚木市を中心とした関東近郊の秘湯・名湯・日帰り温泉・旅館等の温泉施設情報サイトはこちら→
env_logo_3.gif
【ツイッターやってます!フォローお願いします!!】
【フェイスブックでも仲間になりましょう!】
nice!(1)  トラックバック(0) 

ほったらかし温泉☆富士山を見ながら、甲府市街地を見下ろしながら楽しめる眺望の良い温泉☆山梨県☆峡東エリア [「温泉ソムリエ」・「温泉旅人」]

IMG_2734-s.jpg

標高700メートルの高台。

嬉しいのは、早朝、日の出よりも早く開店する。

富士山と日の出を露天風呂から見るために、週末には多くの観光客が来場。

IMG_2730-s.jpg

こんな無料休憩所も併設されているので、夜中に厚木を出発して、この露天風呂に浸かり、ドライブの疲れを癒し、この休憩所で体を休めてから、他のスポットへ移動する。といった段取りが組みやすく、山梨県を1日中たっぷりと楽しむためのスタート地点としては最適と考えます。

IMG_2735-s.jpg

入り口には、こんなサイコロが。この施設には露天風呂が2つ。「あっちの湯」、「こっちの湯」。どちらか迷ったときはサイコロで決めてしまえ、ということでしょう。

IMG_2724-s.jpg

冒頭にお話した富士山と日の出だけではなく、夜になると、甲府市街地の夜景を眺めながらの入浴を楽しめるのです。

軽食を楽しめるスペースもありますので、湯っくりと楽しめます。

泉質はアルカリ性単純泉で神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消火器病、持病、冷え性に効能があるという。

【温泉ソムリエによる関東近郊温泉施設を紹介するホームページのご案内】
東京都狛江市生まれ、静岡県浜松市育ち、しばらく東京都三鷹市で過ごし現在神奈川県厚木市に在住の温泉ソムリエであるサラリーマンが提供する厚木市を中心とした関東近郊の秘湯・名湯・日帰り温泉・旅館等の温泉施設情報サイトはこちら→
env_logo_3.gif
【ツイッターやってます!フォローお願いします!!】
【フェイスブックでも仲間になりましょう!】
nice!(1)  トラックバック(0) 

天恵泉白根桃源天笑閣☆日本第二位の強アルカリ温泉☆山梨県☆峡中エリア [「温泉ソムリエ」・「温泉旅人」]

久しぶりの温泉ブログです。。(苦笑)

http://www001.upp.so-net.ne.jp/onsen/onsen/05001001.htm

ここに来るのもかなりの久しぶりです。

のぼり旗を良く見ると、日本第二位の高アルカリ温泉とのこと。

蓮舫前行政刷新大臣に褒められそうなキャッチコピーですね。

IMG_2675-s.jpg

さて、こちらの施設は、私が、山梨の温泉施設で一番気に入っているといっても過言ではない、白根町にある町営の日帰り入浴施設だ。

 PH10.7という日本でも屈指の高アルカリ性の温泉で、効能も抜群。その効能を自宅でも楽しめるように、敷地内には、温泉の自動販売機も設置されている。

IMG_2674-s.jpg

 48畳の休憩室も二つ完備しており、広々と使用できるうえ、飲食物の持ち込みも可能なので、ゆっくりと、温泉を楽しむ事が出来る。

 ただ、地元の方が、楽しく過ごしているので、最低限のマナーだけは必ず守っていただきたい。 

IMG_2678-s.jpg

 浴場には、男女別に二つずつのサワラ材で造った湯船があり、一方の小さめの方が、源泉そのままの温度27℃、もう一方の大きい方が、源泉を加熱した40℃の湯船です。
 シンプルな造りだが、サワラが肌に気持ち良く、加熱湯の方でのぼせそうになったら、冷泉の方でほてりをとり、また加熱湯へという、入浴法を繰り返し、思わず、一時間以上入浴してしまったほどです。

※ところで、日本第二位の高アルカリ温泉ということですが、一位はいったいどこでしょうか?

ちょっと調べた限りでは、PH11.3を記録した飯山温泉元湯旅館(神奈川県)と都幾川温泉(埼玉)ということになっています。

【温泉ソムリエによる関東近郊温泉施設を紹介するホームページのご案内】
東京都狛江市生まれ、静岡県浜松市育ち、しばらく東京都三鷹市で過ごし現在神奈川県厚木市に在住の温泉ソムリエであるサラリーマンが提供する厚木市を中心とした関東近郊の秘湯・名湯・日帰り温泉・旅館等の温泉施設情報サイトはこちら→
env_logo_3.gif
【ツイッターやってます!フォローお願いします!!】
【フェイスブックでも仲間になりましょう!】

★神奈川県は厚木の奥座敷にあり、都心から60分とアクセスの非常によい飯山温泉郷。都心にお住いの方のショートトリップや、日帰り温泉のご利用の大変多い温泉郷です。 元湯旅館は、全国トップの強アルカリ泉で美肌の湯として知られている老舗旅館。お部屋までの小道、温泉へとつながる廊下は、さながら城下町を彷彿とさせます。pH11.3の強アルカリ泉は、全国トップで「美肌の湯」として、女性のお客様に大変お喜び頂き、お肌の敏感な赤ちゃんにも安心してご利用頂ける元湯旅館自慢の泉質です。★


nice!(0)  トラックバック(0) 

温泉権の研究?! [「温泉ソムリエ」・「温泉旅人」]

最近、このブログテーマとして題している「温泉」ネタを書いてないなぁ~と考えていたところでした。

温泉権利.jpg

偶然、弁護士先生に相談に伺った際、書籍棚にて見つけちゃいました。

「温泉権の研究」

不動産よりも権利関係が難しいんでしょうかね?!



【温泉ソムリエによる関東近郊温泉施設を紹介するホームページのご案内】
東京都狛江市生まれ、静岡県浜松市育ち、しばらく東京都三鷹市で過ごし現在神奈川県厚木市に在住の温泉ソムリエであるサラリーマンが提供する厚木市を中心とした関東近郊の秘湯・名湯・日帰り温泉・旅館等の温泉施設情報サイトはこちら→
env_logo_3.gif
nice!(2)  トラックバック(0) 

夏休み★温泉旅行★草津温泉湯畑周辺の散策 [「温泉ソムリエ」・「温泉旅人」]

【行程】
厚木→あきる野IC→【圏央道】→鶴ヶ島JCT→【関越道】→渋川伊香保IC→【休憩】川原湯温泉→八ツ場ダム予定地周辺散策→草津温泉→温泉街散策→草津温泉泊

草津温泉→温泉街散策→白根山散策→万座温泉→温泉街散策→万座温泉泊

万座温泉→軽井沢アウトレットモール→軽井沢IC→【上信越】→藤岡JCT→【関越道】→鶴ヶ島JCT→【圏央道】→八王子JCT→【中央道】→八王子IC→厚木

先日のブログで、こんな行程で温泉旅行に行ってきたお話をしました。

IMG_7209-s.jpg

湯畑の脇にある無料の足湯が大きくなってました。

【以前の様子はこちら→】

IMG_7205-s.jpg

近所のコンビニで缶ビールを買って、ここで足湯をしながら「グビッ!」、何とも言えない至福の時間です。

缶ビールで思い出しました。

IMG_6378-s.jpg

今、家には缶ビールをキンキンに冷やすマシンがあります。

缶ビールをまとめて買ったら、景品でついてきたみたいです。


東京都狛江市生まれ、静岡県浜松市育ち、しばらく東京都三鷹市で過ごし現在神奈川県厚木市に在住の温泉ソムリエであるサラリーマンが提供する厚木市を中心とした関東近郊の秘湯・名湯・日帰り温泉・旅館等の温泉施設情報サイトはこちら→
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ

env_logo_3.gif
nice!(8)  トラックバック(0) 

夏休み★温泉旅行★草津温泉 [「温泉ソムリエ」・「温泉旅人」]

【行程】
厚木→あきる野IC→【圏央道】→鶴ヶ島JCT→【関越道】→渋川伊香保IC→【休憩】川原湯温泉→八ツ場ダム予定地周辺散策→草津温泉→温泉街散策→草津温泉泊

草津温泉→温泉街散策→白根山散策→万座温泉→温泉街散策→万座温泉泊

万座温泉→軽井沢アウトレットモール→軽井沢IC→【上信越】→藤岡JCT→【関越道】→鶴ヶ島JCT→【圏央道】→八王子JCT→【中央道】→八王子IC→厚木

先日のブログで、こんな行程で温泉旅行に行ってきたお話をしました。

IMG_7194-s.jpg

今回の宿泊させて頂く旅館です。

湯畑も徒歩一分掛からないほどの近く。

IMG_7187-s.jpg

こじんまりしたお風呂ですが、これが良いのです。

掛け流しの温泉が新鮮なうちに味わうためには、だだっ広いお風呂ではなく、このようなお風呂なのです。

IMG_7253-s.jpg

夕食はお部屋食です。

IMG_7256-s.jpg

そういえば、今回初めてですね。息子に一人前のお膳で料理を用意してもらいました。

ご満悦です。

IMG_7263-s.jpg

朝食はお食事処になります。

食事が済んだら、また、温泉街を散策です。


東京都狛江市生まれ、静岡県浜松市育ち、しばらく東京都三鷹市で過ごし現在神奈川県厚木市に在住の温泉ソムリエであるサラリーマンが提供する厚木市を中心とした関東近郊の秘湯・名湯・日帰り温泉・旅館等の温泉施設情報サイトはこちら→
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ

env_logo_3.gif



nice!(6)  トラックバック(0) 

夏休み★温泉旅行★八ツ場ダム予定地周辺散策 [「温泉ソムリエ」・「温泉旅人」]

【行程】
厚木→あきる野IC→【圏央道】→鶴ヶ島JCT→【関越道】→渋川伊香保IC→【休憩】川原湯温泉→八ツ場ダム予定地周辺散策→草津温泉→温泉街散策→草津温泉泊

草津温泉→温泉街散策→白根山散策→万座温泉→温泉街散策→万座温泉泊

万座温泉→軽井沢アウトレットモール→軽井沢IC→【上信越】→藤岡JCT→【関越道】→鶴ヶ島JCT→【圏央道】→八王子JCT→【中央道】→八王子IC→厚木

先日のブログで、こんな行程で温泉旅行に行ってきたお話をしました。

IMG_7184-s.jpg

最近、TVであまり見かけない光景です。
IMG_7185-s.jpg

八ッ場ダムの件で、三井副国土交通相と津川政務官が13日、菅改造内閣で政務三役に就任して以来初めて、長野原町などのダム建設予定地を視察した。同町では大沢知事や高山町長らと会談したそうで、三井副国交相は「生活再建を急がなければいけないと感じた」と話したそうです。

IMG_7186-s.jpg

本当に宜しくお願い致します。



東京都狛江市生まれ、静岡県浜松市育ち、しばらく東京都三鷹市で過ごし現在神奈川県厚木市に在住の温泉ソムリエであるサラリーマンが提供する厚木市を中心とした関東近郊の秘湯・名湯・日帰り温泉・旅館等の温泉施設情報サイトはこちら→
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ

env_logo_3.gif

nice!(5)  トラックバック(0) 

夏休み★温泉旅行★川原湯温泉 [「温泉ソムリエ」・「温泉旅人」]

【行程】
厚木→あきる野IC→【圏央道】→鶴ヶ島JCT→【関越道】→渋川伊香保IC→【休憩】川原湯温泉→八ツ場ダム予定地周辺散策→草津温泉→温泉街散策→草津温泉泊

草津温泉→温泉街散策→白根山散策→万座温泉→温泉街散策→万座温泉泊

万座温泉→軽井沢アウトレットモール→軽井沢IC→【上信越】→藤岡JCT→【関越道】→鶴ヶ島JCT→【圏央道】→八王子JCT→【中央道】→八王子IC→厚木

先日のブログで、こんな行程で温泉旅行に行ってきたお話をしました。

大した渋滞もなく、4時間半ほどで、厚木から川原湯温泉に到着。

IMG_7171-s.jpg

民主党政権になったばかりの一時期、毎日TVを賑わしていましたが、温泉街は静かでした。

以前も行ったことがあるのですが、その時よりも、建物の取り壊しが進んでいるようでした。

IMG_7177-s.jpg

このような政治のお話に正解は無いと考えますので、あえて何も言わないようにしますが、これだけ翻弄されてしまった温泉街の方たちへのフォローだけは最後まで責任を持って頂きたいものです。

さて、そんな時代とは関係なく、相変わらずの情緒を感じさせてくれる共同浴場「笹湯」に行ってきました。

IMG_7172-s.jpg

最高です。いかにも共同浴場といった鄙びた雰囲気とは裏腹に、清掃の行き届いた浴場に、源泉掛け流しの新鮮な温泉。

IMG_7173-s.jpg

PH7.3、ほのかに硫化水素臭、この雰囲気。

また、湯っくりと誰もいない貸切状態のなか独占して、この温泉を味わえることに。

最幸です。

時の経過を忘れます。

私が温泉を好きなのは、この何も考えずにぼーっとする。

この贅沢な時間の使い方に勝るものは無いと考えます。

【何年か前に行ったときの「共同浴場笹湯」の様子→】



東京都狛江市生まれ、静岡県浜松市育ち、しばらく東京都三鷹市で過ごし現在神奈川県厚木市に在住の温泉ソムリエであるサラリーマンが提供する厚木市を中心とした関東近郊の秘湯・名湯・日帰り温泉・旅館等の温泉施設情報サイトはこちら→
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ

env_logo_3.gif

nice!(13)  トラックバック(0) 

夏休み★温泉旅行 [「温泉ソムリエ」・「温泉旅人」]

子供の長~い夏休みでした。

日記に書けるように、どこかに連れていかなければなりませんでした。私個人的にも、たまには、何処かへ行きたいなぁと考えてました。

家族で泊まりでの旅行は1年ぶりぐらい、温泉宿に宿泊となると、、いつぶりかパッと出てこないぐらいの久しぶり。

相方と考えた結果、草津温泉方面に行くこととなりました♪(子供たちは「夏なのに何で温泉なの?!」と若干冷やか。)

IMG_7200-s.jpg

せっかく草津まで行くなら、民主党政権になってからマスコミを賑わせた、八ツ場ダム周辺、軽井沢、万座、渋・湯田中、信州高山方面等々、ちょろっとでも立ち寄りたい所が頭を巡ります。色々と考えた結果下記の行程になりました。

【行程】
厚木→あきる野IC→【圏央道】→鶴ヶ島JCT→【関越道】→渋川伊香保IC→【休憩】川原湯温泉→八ツ場ダム予定地周辺散策→草津温泉→温泉街散策→草津温泉泊

草津温泉→温泉街散策→白根山散策→万座温泉→温泉街散策→万座温泉泊

万座温泉→軽井沢アウトレットモール→軽井沢IC→【上信越】→藤岡JCT→【関越道】→鶴ヶ島JCT→【圏央道】→八王子JCT→【中央道】→八王子IC→厚木

何回かにわたって、ご案内していきます。




東京都狛江市生まれ、静岡県浜松市育ち、しばらく東京都三鷹市で過ごし現在神奈川県厚木市に在住の温泉ソムリエであるサラリーマンが提供する厚木市を中心とした関東近郊の秘湯・名湯・日帰り温泉・旅館等の温泉施設情報サイトはこちら→
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ

env_logo_3.gif

nice!(14)  トラックバック(0) 
前の15件 | - 「温泉ソムリエ」・「温泉旅人」 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。