So-net無料ブログ作成
検索選択

祇園白川は重要伝統的建造物群保存地区☆辰巳大明神☆巽橋 [神奈川県外の観光・地域情報]

IMG_2244-s.JPG

祇園白川(ぎおんしらかわ)と呼ばれるこの地域は、縄手通の東側、新橋通と白川に面する辺りをいい、祇園東の芸妓、舞妓さんが通うお茶屋が立ち並ぶ非常に古風で美しく、情緒のある街並みで形成されています。

IMG_2246-s.JPG

そして、その街並みは、祇園新橋として伝統的建造物群保存地区に指定されており、その歴史はもともとは、今の八坂神社の門前町として平安中期頃から発展して鴨川東岸の大和大路沿いに八坂神社の参拝客や芝居客相手の茶屋町が作られるようになり、それらは「祇園外六町」と称されました。1732年になると、幕府より正式な茶屋営業の許可が下り、新たに元吉町、橋本町、林下町、末吉町、清本町、富永町の「祇園内六町」が開発されることになります。

IMG_2250-s.JPG

現在の祇園新橋は、このうちの元吉町にあたります。そして、江戸時代末期から明治時代初期にかけて最盛期を迎え、江戸末期には500軒もの茶屋が祇園にひしめいていたといいます。戦後、祇園一帯は歓楽街として乱開発が進み、数多くの茶屋がビルに取って代わられましたが、祇園新橋の人々はかつての茶屋の町並みを守り続けています。

IMG_2248-s.JPG

辰巳神社は、京都御所より辰巳の方向(南東)にあることからそう呼ばれ、もともとは辰巳の方角を守る神社でしたが、祇園の人々の信仰が厚く、特に芸舞妓さんが芸事の上達を祈って訪れるようになりました。ちなみに、辰巳神社の御祭神は狸で、すぐ横の巽橋に 住んでいた狸が、橋を渡る人を化かしては白川の中を歩かせていたそう。困った祇園の人々が、この狸を祀る祠(ほこら)を立てたところいたずらが収まったと伝わります。



【厚木市在住の温泉ソムリエによる関東近郊温泉施設を中心とした地域情報を紹介するホームページのご案内】
東京都狛江市生まれ、静岡県浜松市育ち、しばらく東京都三鷹市で過ごし現在神奈川県厚木市に在住の温泉ソムリエであるサラリーマンが提供する厚木市を中心とした地域情報、関東近郊の秘湯・名湯・日帰り温泉・旅館等の温泉施設情報のご案内はこちら→
env_logo_3.gif
【ツイッターやってます!フォローお願いします!!】
【フェイスブックでも仲間になりましょう!】
logo2020tokyo.jpg

神奈川県は厚木の奥座敷にあり、都心から60分とアクセスの非常によい飯山温泉郷。都心にお住いの方のショートトリップや、日帰り温泉のご利用の大変多い温泉郷です。 元湯旅館は、全国トップの強アルカリ泉で美肌の湯として知られている老舗旅館。お部屋までの小道、温泉へとつながる廊下は、さながら城下町を彷彿とさせます。pH11.3の強アルカリ泉は、全国トップで「美肌の湯」として、女性のお客様に大変お喜び頂き、お肌の敏感な赤ちゃんにも安心してご利用頂ける元湯旅館自慢の泉質です。★


nice!(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。