So-net無料ブログ作成
検索選択

2013年は20年に一度の式年遷宮☆伊勢神宮☆一個人☆日本の神社の謎☆まっぷる三重☆お伊勢まいり☆パワースポット [高田家な人々]

IMG_8772-s.JPG

2013年は20年に一度の式年遷宮と言われる、伊勢神宮の大祭が行われていました。

お伊勢さんと呼ばれ、親しまれる伊勢神宮は2000年の歴史を持つ聖地。

江戸時代から「一生に一度はお伊勢参り」と言われた、お伊勢参り。

「限定」やら「●●年に一度」というような単語に弱い日本人代表としては、行ってこなければなりません。

そんな訳で、早速、「一個人」にて、伊勢神宮の歴史をお勉強するところから、始まりまして、「まっぷる三重」にて、周辺観光スポットを探すことに。

IMG_8773-s.JPG

私がこんなように感じるぐらいなので、日本全国の皆様は同じようにお考えのようで、祭事をつかさどる神宮司庁は10月12日、今年の参拝客数が1895年の統計開始以来初めて、1000万人を突破したと発表した。20年に1度の式年遷宮効果で今年は年明けから参拝客が大幅に増加。9月20日には900万人を突破し、過去最多だった約883万人を超えていた、と発表。

10月12日午後2時現在の参拝客数は1000万334人。内訳は、内宮(ないくう)が636万3243人、外宮(げくう)が363万7091人。20年に1度の式年遷宮のクライマックスで、ご神体を新正殿(しょうでん)にうつす「遷御(せんぎょ)の儀」を内宮(2日)と外宮(5日)で終えており、新社殿への参拝客がさらに増えそうだという。

IMG_8774-s.JPG

日中はえらい人ごみとのこと。。。

やはり、「内宮」、「外宮」には早朝参拝とさせて頂きまして、日中は「別宮」に参拝させて頂くようなスケジュールを検討したいと思います。

一日目:「外宮」~「月夜見宮」~「夫婦岩」・「二見輿玉神社」

2日目:「内宮」~「おかげ横丁」~「月読宮」~「倭姫宮」

このほか、おすすめがありましたら教えて下さいませ。

【厚木市在住の温泉ソムリエによる関東近郊温泉施設を中心とした地域情報を紹介するホームページのご案内】
東京都狛江市生まれ、静岡県浜松市育ち、しばらく東京都三鷹市で過ごし現在神奈川県厚木市に在住の温泉ソムリエであるサラリーマンが提供する厚木市を中心とした地域情報、関東近郊の秘湯・名湯・日帰り温泉・旅館等の温泉施設情報のご案内はこちら→
env_logo_3.gif
【ツイッターやってます!フォローお願いします!!】
【フェイスブックでも仲間になりましょう!】
logo2020tokyo.jpg


伊勢神宮: こころを照らす神々の都

伊勢神宮: こころを照らす神々の都

  • 作者: Kankan
  • 出版社/メーカー: 書肆侃侃房
  • 発売日: 2013/09/15
  • メディア: 単行本



★神様のいらっしゃる処を神苑と称しそこに湧き出る泉を神泉と言います。2013年8月11日伊勢市駅から徒歩2分、伊勢神宮 外宮までは徒歩5分の場所に伊勢外宮参道 伊勢神泉がオープン致します。神の恵みである天然温泉を湧出する旅荘、旅館の良さとホテルの良さを兼ね備えた温泉ホテルです。旅の疲れをゆっくり癒しゆったりとした時の流れを感じてください。『全室に客室露天風呂』 伊勢の四季を感じていただける天然温泉の客室露天風呂を全室に設けます。日々の疲れを癒してくださいませ。★


nice!(8)  トラックバック(0) 

nice! 8

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。