So-net無料ブログ作成

群馬県>草津温泉>ての字屋 ~敷居の高さが玄関から演出されてる!!~ [「温泉ソムリエ」・「温泉旅人」]


 湯畑滝壷から滝下通りを下り、二又に分かれる道を右の方へ行くとすぐに見えるのが老舗旅館「ての字屋」だ。門前には打ち水された様子が、玄関を入るとお香をたいているのか、ほんのりとさりげなく香りが、また見渡すとあちこちに生け花が。夕暮れには、ほのかな灯りに照らされ贅沢な空間が広がり、和の風情があふれる数寄屋作り。こうしたこまやかなもてなしは、訪れる一人一人を大切にしたいと言う思いがこめられた「一客一亭」と言う宿の精神だそうだ。
 湯が開かれたのは遠く鎌倉時代までさかのぼり、頼朝が鷹狩に赴いた際に同行した道案内だった人物が、この宿を開いたと言われているそうで、かの源頼朝が草津に訪れた折りに道案内をしたのがここ「ての字屋」の創設者と言うから、なんと800年以上もの歴史を誇る草津きっての老舗旅館だ。
 この宿の一番の名物は、草津で唯一敷地内の源泉を使用していると言う「玉すだれの湯」。岩盤のあちこちから湧き出した湯は、樹齢500年を超える檜作りの浴槽にたっぷりと注がれる。湧出している湯は熱いのだが、岩をつたり、湯桶に注がれているうちに、適温の湯に自然に下がる。檜造りの湯船が、肌に優しさを与え、強酸性の湯もやわらかく感じる。
 もう一つの浴場は、京風の露天風呂を併設する浴場だ。露天風呂の脇には、草津の湧き水を飲めるようになっているのが、ありがたい。高原の風にあたりながら、ほてった体を冷ますのにちょうどいいというものだ。この歴史深い強酸性硫黄泉は神経痛、関節痛、慢性消火器病、リウマチ、慢性皮膚病、筋肉痛、慢性婦人病などに効能があるそうだ。
 季節ごとに厳選された素材が盛り込まれているという夕食は、極上の京風懐石だ。絶妙なタイミングで出してくるのがまたにくい。また、料理を盛り付ける器にもこだわり、京焼き、有田焼、織部焼等の最高級の焼き物や時には女将がデザインした器も使用される。
東京都狛江市生まれ、静岡県浜松市育ち、現在神奈川県厚木市在住の管理人が提供する神奈川県厚木市を中心とした「関東近郊温泉施設情報サイト」

★草津温泉、「ての字屋」は、天然岩風呂と気品高い料亭の風格を秘めた日本情緒豊かな由緒正しいおもてなしの宿でございます。長野原草津口駅よりバスで25分。草津温泉バスターミナル下車し徒歩5分★


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 1

eneco

** ソネ風呂”混浴”露天の会からのお知らせ **
******
各地で桜が開花し、出掛けるのが楽しい季節到来ですね
ソネ風呂も発足して半年、会員数も104名になりました
これもひとえに皆様のお引き立てのおかげと感謝しております

さて、会員様の温泉記事もいよいよ100記事を超えました
お暇な時にでも是非覗いてみてくださいね
http://blog.so-net.ne.jp/eneco/2006-03-01

温泉記事を提出したのにリンク集にアップされてないよ~という
会員様はいらっしゃいませんでしょうか?
もしいらっしゃいましたら「このすっとこどっこい」と一言添えて
上記のアドレスにコメントして下さいませんでしょうか
よろしくお願いいたします
******
by eneco (2006-03-29 19:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。